偽りの愛に対し

まだ、戦っている

 

あなたたちの偽りの愛に

 

まだ許せずに

 

まだ戦っている

 

 

それを愛だと

 

あなたは疑わず

 

それは愛だからだとあなたは言った。

 

 

愛は、愛は

 

愛とは

 

 

 

私はまだ戦っている。

空からの使者

18歳で産んだ娘が、21歳で娘を産んだ。

 

そう。

 

孫である(笑)

f:id:rintarou_725:20170809092057j:image

 

どうやら我が家には、少しユニークな天使がやって来るシステムになっているらしく

 

今回も1/500の使命を受けた天使がやってきた。(7年ぶり2回目w)

 

神様は、受け止められる家をちゃんと選んで天使を配属してるって、ホントなんだね。

 

我が家は戸惑うことも無く、天使の誕生を喜んだ。

 

娘は、天使がお腹に居るうちから先にどこかで会っていたらしく

 

ユニークな天使に驚くことも無く、ただ愛情を注いでいる。

 

淡々と。という印象。

 

我が子ながら凄い奴だと思う。

 

 

f:id:rintarou_725:20170809093827j:image

 

 

ある日、小さな種が小さな芽が出した。

 

小さな芽は枝になり葉を増やした。

 

葉は太陽の光を浴びたが、まだその数は少なかった。

 

それでもいつか大樹になる日を夢見て、光を浴びた。雨に濡れて風に吹かれた。

 

葉が少し増えると、枝は少し太くなった。

 

枝が少し太くなると、また少し葉が増えた。

 

時々、酷い嵐の日もあったが、何かに守られているかのように生き延びた。

 

 

 

そんな事を繰り返し繰り返し

 

どれだけ時間が過ぎたのだろう。

 

枝はしっかりとした幹となり、新しい枝をいくつも伸ばした。

 

枝には無数の葉っぱたち。

 

葉は太陽を浴び、雨を受け、生き生きと風になびいてはその体を揺らした。

 

 

 

 

ある日、気が付くと、白い大きな蕾ができていた。

 

初めて花をつけたのだ。

 

あの日、最初に芽を出した頃の葉はもう居ない。

 

とうの昔に枝から落ちて、新しい葉の栄養になってくれていた。

 

思い返せば、その繰り返しだった。

 

 

 

 

気の遠くなるような時が過ぎた。

 

ひっそりと地から芽を出したあの日の種は、地中深くにしっかりと根を張り

 

その幹は、人間が何人両手を広げてもまだ足りないほどに太く成長した。

 

 

 

 

いま初めて花が咲く。

 

白くて儚い、どこか強くて凛々しい不思議な花だ。

 

花はやがて咲き誇り、その香りは人々を魅了する。

 

花の頃を過ぎると、ひっそりと枯れ始め、やがて種を付けるだろう。

 

その戦いから手を引けばいい

 

 

戦う事が苦しいならば

 

上に下に行けばいい

 

そこにその戦いは、無い

 

f:id:rintarou_725:20170801002004j:image

時間を外した日。

7月25日はマヤの暦では「時間を外した日」

 

一年の終わりと、一年の始まりの間にある日

 

解放を祝う日

 

私の娘が生まれた日

 

私が子供を生んだ日

 

明日から元旦

 

明日から「黄色い水晶の種の年」✨

 

f:id:rintarou_725:20170725213616j:image